読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オウマガテツ

盛り上がってないモノにも何らかの楽しみ方があって~

天元可動グレンラガン &グレンラガン祭

トイ レビュー


棚整理していたのですが、各部ガタガタで完全崩壊する前にパシャリ。



天元突破グレンラガンは放送当時コトブキヤがキットを出していたのですが、プレインモデルといってバンダイで言うところのFGレベルの可動箇所しかないプラモのみの展開でした。
後に今回の天元可動が出るのですが…



造形的にまったく非の打ち所がない出来なのですが、とにかくもろい!!
腰や股がすぐに擦れてしまい、軸が細いため折れる折れる。各グラパールが続いて発売されましたがこれ以上作る気が起きませんでした…



現在すでに数カ所接着してしまっているため半可動。原来の可動範囲ではありません。



リボグレンと共闘。




一方キングキタンのプレインモデルはまさに決定版でした(肘と膝が非可動なことを除けば)。



この面構え!



一番くじキングキタン。人気ガンメンにも関わらす案外商品化に恵まれないのが残念なところ。



グレンラガンと。むしろここまで商品化されたことの方がありがたいというか、最近バンダイさんがやる気を見せているので色々と期待せざるを得ません。



プレインモデルグレン。



惜しむらくはサイズ比がめちゃくちゃなこと。



意外と多いグレンさん大集合。




劇場版では関節の描写がリボジョイントになっていたし、動かすならリボグレンシリーズに勝るものはないですね。
天元可動を手に入れる機会があったら自分色に染め上げる用にぜひ、といったところ。

自分色と言えばカトキ色のCOMPOSITE Ver.Kaグレンラガン。思うところは色々ありますがあれはあれでカッコイイような気も。とりあえずお布施!お布施!


COMPOSITE Ver.Ka グレンラガン

COMPOSITE Ver.Ka グレンラガン