読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オウマガテツ

盛り上がってないモノにも何らかの楽しみ方があって~

このクソ玩具がすごい!2012 後編

トイ クソ玩具

このクソ玩具がすごい!2012 まさかの後編


やあ、クソ玩具店長だ!以下略!



前編:このクソ玩具がすごい!2012 前編




前半は触ってみたらそれなりに面白かった「玩具編」だったわけで。




ということはここからは「クs


◆ズーブルズ!

Zoobles (ズーブルズ) チェビー

Zoobles (ズーブルズ) チェビー

でた〜今年の象徴。ビジュアル云々はもう飛ばそう。




アニメのアレっぷりも相まってねー。爆丸のダメなとこだけ受け継いでるのもポイントが高い。




爆丸と何が違うのさ。神格化しすぎじゃない?




爆丸は競技だからさ。




パワー・テクニック・戦略。全てのスポーツやゲームの要素を併せ持つの頂点に立t




さすがにそこまでとは言わないけどポップアウトさせるために練習しなきゃいけないし爆丸・カードの選出や試合運びの戦術なんかも問われてくるしっかりしたバトルホビー。




(数行語り始めた…)で、ズーブルズは?




(カードや専用ハピタットの上に落とすだけ。ゲーム性がない以上ポップアウト失敗はやるせないだけになってしまうと。)




こいつ脳内に直接…!




専用の大型玩具にデジタルを仕込んだり今時のガールズトイっぽさを打ち出してて頑張ってたけどね。いかんせん仕入れ量が少ないのか残念ながらあまりワゴン行きは見ないね。




残念ながらなのかなそれは。個人的にはアニメで大人気だったクマンパが商品化されてないところかな。




再放送終了くらいの時期にTVハウスとおしゃべりシリーズ出してきたってことは最初それなりに売れたのかなあなんて邪推もしつつ。


ズーブルズまとめ:これでごっこ遊びしろと?

◆ジョーセン

ジョーギバトル ジョーセン スタータージョーギ カブトソード

ジョーギバトル ジョーセン スタータージョーギ カブトソード


これ定規戦争だよね、懐かしいなー。




強い定規を探しに文房具屋探し回って、ひとりで数役こなしながら戦法を練って練習して〜っと学校に堂々と持っていけるバトルホビーだよ定規戦争は。




デカい定規をボス扱いしたりとレギュレーションに違いあったりね。んで、このジョーセンは?




まあ普通の定規戦争だよ。ただネックが2つ。まず、思ったより普通




あちゃー…




デザインと変形でごまかしてるけど普通の定規とそこまで差がない。もう少しはっちゃけてもよかったしバリエーションが増えてくればそれなりに印象は違ったと思う。




まあ売れてこそのバリエーションだからしかたないね…




そして2つ目。普通の定規の方が強い。なんか打ちにくいんだよ、形のせいか知らないけど。




それはなんていうか年の功では…。まあ「定規戦争というバトルホビージャンルの中で、無数にバリエーションのある中の一つのシリーズ」と思えば…




でも弱くて勝てないよ。




ジョーセンまとめ:一大ジャンル「定規戦争」に参戦!でも弱い。

◆美食形文字解読器ペロットリーダー

トリコ 美食形文字解読器 ペロットリーダー

トリコ 美食形文字解読器 ペロットリーダー


ここから3つは未購入なのでさらっと。




出たよトリコ枠。トリコ玩具はCMソングにこだわらなきゃいけないのだろうか…




要はバーコードバトラーなわけじゃん?バーコードといえばスーパー→食品→トリコ、とピッタリな題材ではある。




何が問題なの?歌?




デザインじゃないかな?グルメティックセンサーはまだカッコイイの範疇あったけど何このクチビルお化け!!わざとスーパーに持ち歩けないデザインにしてんの?



ペロットリーダーまとめ:デザインがすごい!「ペロット」でググっても出てこない!

◆地対空 R/C対戦 バトル・トラッカー

地対空 R/C対戦 バトル・トラッカー

地対空 R/C対戦 バトル・トラッカー

えっちょっと待ってこれ自機のヘリを自動追従してミサイル撃ってくるボスを倒すやつでしょ!?いいじゃん超欲しいじゃん!




分かってないよザラ夫くん…自分の部屋で遊んでるところを想像してみなよフィギュアでいっぱいの君の家でさあ…




あああああああああああ!!?ミサイルでフィギュアがあああああ!!?!!!?




そう、まず大きなお友だちの僕らの家じゃ遊べないね?もちろんお子様もママンに怒られること必至!



バトルトラッカーまとめ:部屋が大変なことになる

◆ブリッとでるワン

ブリッとでるワン

ブリッとでるワン

クソの玩具




クソ玩具…




困ったことにこれドイツのトイ・オブ・ザ・イヤーで入賞してるらしいよ。




ファッキントイ・オブ・ザ・イヤーでなくて?




まあそれなりによく出来てるらしいけど、いらないよね。



ブリッとでるワンまとめ:クソ玩具

◆モンスーノ

モンスーノ ロック

モンスーノ ロック

あっ、大賞でしょこれ?




うん大賞。おめでとうございます。




おめでとうございます。




これはもう揺るぎないでしょ。おもちゃギミックはもちろん、メディアミックス、値段設定、非の打ち所がない。




言うけどそんなに面白くないの?




wiki丸々引用するけどさ、




モンスーノをコアにセットし、端をはじくことでスピン(回転)させる。
コア同士がぶつかり合う(ブレイク・オン)ことで内部のモンスーノを召喚(スピン・アウト)させる。
召喚されるとモンスーノIDの効果とパワーでポイントが決まり、3ターン後にダメージの少ないほうが勝利する。

これ読む限りはそれなりに面白そうじゃない?爆丸じゃない?




「スピン(回転)」と「召喚(スピン・アウト)」が相反してて気になるな…。確かによくあるバトルホビーよね。




実際は飛び出すまでに3つ壁がある。まずセットしづらい。ロック機構もよく分からないよね。そしてスピンさせてもなかなか飛び出さない。最後、飛び出したモンスーノが申し訳程度に変形してぼとり、と落ちる…。さながら死体だ。




お、おう…。マガヲっていうクソ玩具大好きな人が嬉々として買ってきて思わず真顔になってたらしいよ。




ここからプラスαのカードバトルに移行するわけだけど飛び出させないと意味がないというね。最近ミッションバトルルールでスピンテクに意味が出てきたみたいで開発チーム頑張ってるな、と感じたけども。




アニメもじわじわ来る面白さでそうけちょんけちょんにけなす程ではないかなあ…




今回順位付けしたくなかった理由として、今年は全体的に、どうすればここから面白くなるのか開発チームが軌道修正してるようなおもちゃが多かった。




ここからね…。ジョーセンの大元になった定規戦争もそうだけど、ルールや遊び方なんて自分たちが楽しめるよう変えていけばいいしね。




それでも面白くないおもちゃはこのエントリでもいじりにくいし「クソ玩具」の定義から少し外れてくるのかもなあ。





そうそう、店長ね、クソ玩具をフォローできるクソ玩具紹介したいんだ。




おっ、新コーナー!




ポケモン対戦ゲッター

モンスターボールをプルバックさせて台座に向けたポケモンに向けて走行、見事ポケモンをゲットして戻ってきたモンスターボールを手に取れば勝ち。




「戻ってきた」?




スイッチが押されると逆走するんよ。これがそれなりに小気味いい。モンスターボールにピッタリのギミックだね。




おーすごい。で、どうやってフォローするの?




決まってるじゃない、モンスーノをゲットすればいいんだ。




お、おう…




中に入ればポケモンじゃなくても問題ないからさこれ。ビーストサーガくらいの大きさになるとさすがに入らないけど、すべてのガチャポンがクソ玩具として立ち上がってくる




ポケモン対戦ゲッターまとめ:モンスーノもゲットだぜ!

そういやジャイロゼッター取り上げなかったけど?




ゲームが主体だしね…あの2ラインでしかフィギュア展開するとは思えないしこれからなんじゃないかな。






店長、来年はどんな年になると思う?




スマホやタブレット、ゲームが強いらしいからね。連動した商品は2012年も多かったけどまだまだといった感じ。




新型ファービーもスマホ連動わざわざ起動するのめんどいみたいだしね




来年はむしろアナログの良さ全開な小気味良いクソ玩具が出てくるといいなあ。クソじゃない玩具に越したことはないけど…。





そんなわけでまた来年!